爺ちゃんの釣り紀行

 

爺ちゃんの釣り紀行

爺ちゃんの釣り紀行
フォーム
 
メバルの夜釣り
2014-03-26
三月から四月にかけ、良く通った雲津の小島で、夜釣りでメバル狙いをしていると。電気浮がす~と海中に沈んで行きます。夜釣りで楽しいのが、この電気浮が沈み込む瞬間です。何とも言い難い感覚になります。
メバルの食い込みは、電気浮がス~と沈み込みます。が、しかし。時折じわじわ、じわじわと沈み込んで行く当たりが有ります。これは手無しイカのあたりです。明らかにメバルのあたりとは違います。これを何とかものにしようとするのですが、水面近くまでは引き寄せられるのですが、結局ゲットできません。
それもそうですよね~。メバル針一本にかかったイカですので、九分九厘ばれます。
しかし、遊び半分でイカとのやり取りを楽しんだものです
 
メバル釣り
2014-03-26
このメバル釣りは、港のテトラ周り、磯、色々なところでできる釣りです。餌は主に活きエビ。500円ほどの藻エビを買って行き。のんびりと浮釣りです。が、しかし。この釣りは餌取りとの戦いのことが多い釣りでして。モボシ(スズメダイ)がすぐにえさを取ってしまいます。こうなると結構忙しい釣りになります
半島山越えで釣り。船渡しで島に上がりと言ったスタイルです。関の鼻から多古鼻までをエリアとして良く通ったものです。
釣れない時にはお土産探し。い貝、天然わかめ、ソゾ、のり、などなど絶対に手ぶらでは帰らないと執念を燃やして遊んだものです。
浮釣りですので、その浮きも自作の浮きを作ります。これがまたけっこう楽しいものでして。桐の木を削り。おもりを埋め込み塗料を塗って仕上げて行きます。浮きの品評会といったところ
 
初期の釣り
2014-03-26
釣りには興味がなく、いやいや付き合っていた釣りですが。徐々にはまって行き。島根半島の港を歩き、ボッカ(カサゴ)の穴釣りをよくやっていたのを思い出します。
 
餌は、おもにイワシの切り身。時おりイカの切り身も使います。短い竿でi石組み防波堤の穴をねらって、落とし込んでの探り釣りです。まあ一回行けば、一家で食べれるくらいの魚は釣れる簡単な釣りです
5
境港松濤館
〒684-0043
鳥取県境港市竹内町270
TEL.0859-45-2064
FAX.0859-45-2064

 
<<境港松濤館>> 〒684-0043 鳥取県境港市竹内町270 TEL:0859-45-2064 FAX:0859-21-0084