ブログ

 
フォーム
 
コロナ対策
2020-03-23
朝の九時から取り掛かっている地図の作成です。コロナ対策・・・。本社からの指示なのであります。万が一に備え応援が入った時にだれでも配れるようにと、地図と順路長の作成なのであります
 
も~・・・一休み一休み・・・ 頭がぼ~っとしてきます。気の遠くなるような作業です。
こんなんで夜稽古など到底できません。頭も身体もクッタクタです。
 
14時現在で、やっと三分の一の地図ができたところ・・・。あと三分の二の地図作成に。出来上がった地図に道順などを書き込む作業があります。
               あ~・・・・・
 
お店を継いだ時に、死ぬような思いで地図を作ったことを思いだし。今同じことをやっています。
               たすけて~・・・・・
 
や~・・・。何と終わったのが7時です。 まいった~・・・
 
どうなる??どうする??
2020-03-22
四月に入ると早速大会があるのですが・・・。まずは県内のシード決め大会。まあこれは県内の小さな大会であり。まだ県内ではコロナは発生していない模様ですので、心配はしていません。
 
しかし。あとの県外での大会二つは、やはり気になるところです。心配です。近畿、中四国から集まる大きな大会です。
まだどちらの大会も中止の連絡は入っていません。決行なのでしょうか??。
 
リスクを承知で参加???。この状況で、このメンバーで・・・。正直迷っています。
 
コマーシャル本社からは厳重警戒の要請が来ています。販売店の誰か一人でも感染があったならば即、販売店の全員が動けなくなるということ。変わって他の販売店から人員を集め。配達業務にあたらなければならないということで。万が一に備え地図に順路長なども準備するように指示が来ています。
 
考えただけで、ぞっとするような事態です。困ったことになったものです。
 
 
久しぶりに
2020-03-22
やっと…やっとけいこができるようになりました。
 
久しぶりに防具をつけての稽古です。まずは体ならしからです。
 
がんばっていきましょうね・・・・・
 
感動
2020-03-20
中国映画 【初恋の来た道】 何とも感動的な映画です。文学・・・哲学・・・。 確かベルリン映画祭の銀賞作品。
 
若いころに何度も見た映画に【ドクトルジバゴ】という映画があります。すばらしい・・・感動的な映画でしたが。今回また素晴らしい映画に出会えました。【初恋の来た道】 原題は【我的父親母親】本当に素晴らしい映画です。アメリカ中国合作のようです。本当に素晴らしい映画です。感動 感動 感動。
 
都会で働くビジネスマン、ユーシエンは父の訃報を聞き、数年ぶりに故郷の村に帰ってきた。年老いた母は、今では行われなくなった古いしきたり通りの葬儀をすると言いはって、周りの人を困らせている。そんな母の頑固な様子を見てユーシェンは村の語り草となっている父と母の恋物語を思い出していた。都会からやってきた若い教師と、彼に恋した文盲の少女。手作りの料理に込めた彼女の恋心はやがて彼のもとへと届くのだが・・・。
 
もう最高の純愛映画父も母も立派な人で感心させられました。 父の遺体を町から村へ運ぶ際、教え子が100人以上集まりお金も受け取らず。あの遠い道のり、寒い雪の中を担いでいるところはじ~んとくるし。教師としていかに慕われたかがうかがい知れます。
 
桐村住職 ・・・私も5年前に見たのですが、どこか心に残っていたのでしょう。BGMとともに、私の秋風景の写真を見てこのシーンが蘇ったと、何ともうれしいこの映画との再会・・・。
 
日本のラブコメや欧米のラブロマンスとは違う郷愁愛さえも感じさせる美しき映画。幻想的なノスタルジーをあざやかに蘇る・・。
 
 
彼岸
2020-03-20
や~・・・。つかれました~・・・ 【彼岸会、諷誦】 ここ弓浜半島にのみ残っている ふじ と言う彼岸に行う法要です。
 
この【ふじ】というのはお経を唱えるという意味だそうです。和尚さんの説教で初めて意味を知りました。
 
しかしまあほんと。昨日は集金業務の準備に、お墓のお掃除に、ふじに関するいろいろなことでドタバタ・・・ 終わってみれば、いつの間にやら集合時間をとっくに過ぎているではありませんか あ~あ・・・。連絡もせず欠席となってしまったのであります。
ごめんごめん・・・・・
 
今日は今日で朝からやはりドタバタ・・・。彼岸会ふじの法要が終わり。お墓へ行って家に帰ってきたのがおひるまえ
つかれた~・・・ もう何にもする気になれず。腰を下ろしてしまったのであります。
 
睡眠不足・・・まぶたが・・・・・  おやすみ~・・・
 
それにしても今年の彼岸会法要は、コロナウィールスのこともあり各家庭一名のみと、人数制限されての法要です。例年ですと親族こぞっての参列なのですが。この状況の下での法要です。
 
お寺さんも気を使ってのこと。そしてさすがに和尚さんはマスク姿でというわけにはいきませんが。参列者全員がマスク着用です。なんだかへんなかんじがするものですね・・・
 
 
境港松濤館
〒684-0043
鳥取県境港市竹内町270
TEL.0859-45-2064
FAX.0859-21-0084

 
<<境港松濤館>> 〒684-0043 鳥取県境港市竹内町270 TEL:0859-45-2064 FAX:0859-21-0084