ブログ

 
フォーム
 
学年別大会
2018-11-25
学年別個人戦結果
 
◆小学生2年生の部
準優勝・・ひなた  ベスト8・・わたる
 
◆小学生3年生の部
ベスト8・・こう  2回戦・・とうあ  1回戦・・そういちろう
 
◆小学生5年生の部
2回戦・・はるな
 
◆小学生6年生の部
ベスト8・・ともひさ、 りゅう 1回戦・・あやの
 
◆中学生2,3年生の部
ベスト8・・たいせい
 
この結果を糧にして、次に活かしていきたいです。
 
大会に携われた皆様、大変お世話になり、ありがとうございました。
 
出稽古
2018-11-25
なんていう車なのでしょうか??。マツダの新車に乗っけてもらっての遠征です。いいですね~・・・。乗り心地最高です。タイヤが大きいほどはやはり乗り心地が違います。また聞けばディーゼル車だとか。
いや~素晴らしい車です。とにかく静かで乗り心地も最高なのであります。かのベンツに匹敵するほどの乗り心地にドアを閉める音の重厚さ。昔の日本車のイメージとは全く別次元の車です。日本車もここまで来たのか??。と言った感じです。
 
さてさて本題の出げいこ内容はと言いますと。惨憺たるもの有りです。来るところを間違ったのではないのかと言う程にみじめな試合展開ばかり。今の松濤館の・・・・・
 
その中にあって一筋の光もまた見えてきました。希望に向かって。理想に向かって邁進せねばなりません。それにはまず先導役の保護者と指導者がよほどしっかりせねばならないことも見えているところです。
 
    がんばってガンバッテ
 
出稽古から帰って残り組の稽古にちょっと顔を出してみました。何とも素晴らしい号令が掛けられています。ヒナタチャンです。どうやら誰に言われるでもなく自分がやらなきゃ・・・。と ・・ 自覚しての号令だったようです。
 
その上気働きも素晴らしいものがあります。二年生でありながら周りの事がちゃんと見えています。今この場をどうすればよいのか。ちゃんと見えています。 すごいの一言ですwink。大人も子供も皆が見習わなければならないくらいです
 
「約束は無効と覚悟せよ」 福沢諭吉が見抜いた〇国の本質
2018-11-23
 
子供のころ師匠より何度か聞いた覚えがあります。そのことを覚えていると言う事。それだけ印象深い話であったと言う事です。いまそのことをいやと言うほど「思い知らされています。
 
  • NEWSポストセブンより転載
〇国の不実はいまに始まったことではない。明治の傑出した知識人、福沢諭吉は当時すでにそのことを看破していた。「脱亜論」で彼はなぜ〇鮮を見限ったのか。いまこそその背景にある思想に学ぶべきだ。文芸評論家の富岡幸一郎氏が解説する。・・・・・。
 
・・・・・・この近隣にある「二国」は、《その古風旧慣に恋々するの情は百千年の古に異ならず……教育の事を論ずれば儒教主義と云い、学校の教旨は仁義礼智と称し、一より十に至るまで外見の虚飾のみを事として……道徳さえ地を払うて残刻不廉恥を極め、尚傲然として自省の念なき者の如し》・・・・・
 
 
 
自主練
2018-11-22
学年別大会を控え子供たちが稽古に取り組んでいます。まずは居合道から・・・。皆それぞれ似たような形はできます。
しかし。正確な動作からはかなり離れた動きなのであります。
 
まあ、子供たちは剣道が主体ですので、居合道の方は主に基本が出来れば良しとしています。居合道の基本すなわち剣道の基本なのであります。
 
一通りの居合度が終わり変わって剣道です。これがなんともひどい稽古を・・・・・ 一生懸命に取り組んでいるように見えるのはごくわずかの子たちで、その他の子は何とか楽をしようと言う風な姿勢にしか見えないのであります。
 
この姿勢がお今の松濤館の成績なのであります。
 
注意をされてやり直しをさせられた掛かり稽古・・・。先ほどとは全く別人のような掛かり稽古をやるのであります。
 
今度の学年別大会。今までどのくらいがんばって来たのか。その結果が出ます。  さてさて???
 
先輩たちの稽古の声より大きな声が聞こえます。ずいぶんと盛り上がって遊んでいます。
その元気をそのまま剣道に・・・・・
 
木目
2018-11-21
ある人が「ほしい・・・」と言います。もう40年近く会っていません。私が京都にいたころの親友の・・・・・。
 
その人にプレゼントにと。数点製作完了。写真はその中の一つ。お宝小物入れとして作ってみました。
 
木目がとっても綺麗です。見る角度によって中から光を放ちます。まるで虎目石を見ているような感じです。
えも言えぬこの作品。差し上げるのには、チョットおしくなってきた自分を笑っています。
 
今日は京都の方へお嫁入。
 
            大事に使ってほしい逸品です・・・・・
境港松濤館
〒684-0043
鳥取県境港市竹内町270
TEL.0859-45-2064
FAX.0859-45-2064

 
<<境港松濤館>> 〒684-0043 鳥取県境港市竹内町270 TEL:0859-45-2064 FAX:0859-21-0084