ブログ

 
フォーム
 
厄介者
2019-05-22
本人は別に怠けるつもりなどないのでしょうが・・・。しかし。なぜか指導が正確に伝わらない現実。この指導を素直に受け止めてくれたなら。こんな苦労はしなくても済むのでしょうに  
 
指導を受け止める側の理解力・・・・・???。   指導力・・???。
 
お世辞半分かもしれませんが。よく言われます。「どうやったらこんな剣道ができるようになるのですか」  
他の道場の先生にはかっこよく見えるのでしょうか???。
 
そんな松濤館の稽古の中で。爺ちゃんが良く口にする言葉に「強いだけが剣道じゃないよ」・・。があります。挨拶が出来て約束事が守れること。大事なことです。
 
挨拶と言うのは大人でも子供でもおなじこと。平素の生活においてのあいさつ。試合等の時の対戦相手に対する挨拶。などなど・・・・・。
 
まず大人は子供のお手本でなければならないはずです。しかしながら。子供のお手本とならなければならないはずの大人が、挨拶すらまともに出来ない・・・。と言うのが結構見られます。
 
そういった剣道会の中にあって。松濤館の子供たちの自慢は、この挨拶がきちっとできることです。特に対戦相手に対する挨拶はどこのチームにも負けない自信があります。
 
外に出稽古やら試合に出かけて気にかかるのは、この挨拶の事です。対戦相手に対する始めと終わりの挨拶が、正しく出来ている子供たちが少ない事です。
 
その道場の指導の姿勢が表れる部分です。以前は試合の中でも正しく出来ていない挨拶には注意喚起がされたものですが。今ではそういった注意をするという光景をあまり目にしません。
 
         はて・・・・・?????。
 
 
反省会
2019-05-21
一回戦敗退で早々と着替えることになった子供たち。何十年ぶりの出来事・・・・・
 
気が付けば、ヒナタチャンに仕切られ。ひざを突き合わせての反省会が始まっています。こういった事も初めてだと思います。
しかも三年生の女の子に仕切られて「はい○○だったところ・・・」なんてやられています。
 
このメンバーの先々が・・・・・
 
それにしても五人が五人とも同じような欠点を持っています。昨夜の自主練では結局自分の癖取り練習に集中です。
ただただ両手でまっすぐに振るだけの形です。しかし現実この真っすぐが出来ないのであります。
 
直そうとする努力が足りない本人・・・。まあこのくらいならと変に妥協してしまっている爺ちゃん・・・。これではね~・・・
 
  形の欠点。気の欠点。どちらも即負けにつながるところです。
 
 
力量の差
2019-05-20
土曜日の典武館さんの稽古会参加に引き続き。日曜日は美作の宮本武蔵大会に参加してきました。
 
小学生低学年チーム。心の中では三回戦進出出来れば・・・。などと考えてはいたのですが。期待むなしく一回戦で完敗です。力の差をいやと言う程感じさせられた試合となりました。
 
かつては競り合っていたことのある○○道場さん・・・。やはり基本がしっかりしているのには、改めて感心させられました。
さすがです。松濤館の子供たち。大いに見習わなければならないところです。
 
一方中学生組は四人でエントリー・・・。よく頑張ってこちらは三回戦進出・・・。僅差の負けとなったわけですが。四人でよく頑張ったと思います。
 
ただ気になるのは。足運びのまずいところが目立つ試合となりました。足運びがまずいため。技が素早く繰り出せないのであります。大きな課題です。
 
一方小学生組は基本のまずさと、気の欠点を見事に就かれた試合となりました。
 
指導の中で。いくら指摘注意をしても。本人がよほどその気になって稽古に取り組んで行かんければ。修正矯正できないところです
 
写真でも見て取れるように。出端メンなのに。気が引けていて後ろ足が折れてしまい。全く踏み込めない足になっています。さてさて。どうやって矯正していきましょうか?????
 
 
足の引付が
2019-05-17
松濤館低学年組・・・。共通して足の運びが悪いのでありまして・・sad
 
踏み込みの足。引付の足。どちらが悪くても・・・・・sad
 
欠点多い低学年組さん。
 
さてさてどうしましょうか?????。
 
伝授
2019-05-17
子供たちにとっては自主練の日。一人欠席。寂しくも四人で稽古スタート…。静かです。ひそひそ話が何度も見られます。
 
一方自分の稽古の爺ちゃん。ん~ん痛い・・・膝の外の筋&つま先が・・・  今日は調子悪い・・・ でも何とか曲がりなりにも稽古はやらなきゃならないのでして  悪いコンディションでの稽古です
 
そんな中〇〇母さんもどこだか痛いとか???。でもがんばってがんばって・・・
 
「せっかくうまく抜いたのに最後の納刀で・・・」
さぁ・・・ここでひとつ極意を伝授・・・。納刀練習に集中してみたのであります。
 
「ん・・まぐれ・・・」「だめ・・・」「それ・・・」
 
言って聞かせてやって見せて・・・。反復練習の成果が即出たのであります。んん・・・かっこいい。うまい・・・。
さすが飲み込み早いのであります。  
 
いっぽう子供たちの方はと言えば。途中で加わった先輩に。やる気のなさ。気力の無さをすぐに指摘されています。
たった四人での稽古。どうしても物静かな稽古になりがちなところを、ズバッと指摘されたのであります。
さすが先輩  だらけ切った子供たちに一言で気合いを入れたのであります
境港松濤館
〒684-0043
鳥取県境港市竹内町270
TEL.0859-45-2064
FAX.0859-21-0084

 
<<境港松濤館>> 〒684-0043 鳥取県境港市竹内町270 TEL:0859-45-2064 FAX:0859-21-0084